Dell vostro1000にInspiron1526のTurion64x2 TL-60を移植

Windows7/8/8.1は、現在開発中のWindows10がリリースされてから1年間の間のWin10へのアップグレードは無償で提供される予定である、ということがMicroSoftより発表されました。
Windows10は今年リリースの予定だそうですし、本当に無償なんでしたら、今Windows7が入っているPCにはすべてWindows10を導入しようと楽しみです。
Windows10はシステム要件も、どうやらWindows8並のようですし。

そこで問題なのが、昨年Windows7 64bitをインストールしたDell vostro1000。
このPCの発表時期は7年前と、決して新しいものではありません。
果たしてこんなPCにもWin10は入るのか?
XPだったこのPCを昨年1万4千円ほど出してWin7化したこともあり、新しいものを買うより使えるものは使う、という方向で行かないと。

てなわけで、以前Inspiron1526につけたTurion64x2 TL-60を移植することで、若干でもこのPCのCPUを良いものにすることにしました。
一方vostro1000についてるAthlon64x2 TL-53は、逆にInspiron1526に入れ替えしました。

その結果、vostro1000のスコアは・・・

vostro1000TK-53時TL-60時
プロセッサ4.44.9
メモリ5.15.1
グラフィックス2.82.8
ゲーム用グラフィックス3.23.2
プライマリハードディスク4.84.8

と、プロセッサだけ1割ほどの改善となりました。
これで何とかWin10時代でも勝負できればと願ってます。

一方、
tk53
Athlon64x2 TL-53の入ったinspiron1526のスコアは、プロセッサが4.8→4.6というわずかな変化でした。