フランスでサッカー観戦

仕事で表彰を受けた報奨として、フランスツアーに招待されました。

宿は「インターコンチネンタル パリ ルグラン」。
高年齢層向けのツアーになっていてペアで招待されたのですが、当方は一人で参加しました。

そういう事情からか、むっちゃ広くて豪華なダブル。

他の招待者とは大幅に年齢が離れているので、オプションツアーは選ばずできるだけ単独行動することにしました。
といっても生まれて初めてのヨーロッパ、なかなか勝手が分かりません。
色々調べながらの動きになると思ったので、インターネットする環境を整えることにしました。
調べると、インターコンチルグランには比較的割安のダイヤルアップ接続サービスがありました。

写真のデスクの上にはモバイルHP Jornada690と、赤いバッグに

ダイヤルアップ接続のためのグッズが入ってます。

渡仏中残念なことにリーグ1、2どちらもパリでの開催予定はありませんでした。
自由行動できる時間で一番パリから近いリーグ1の試合のうち、ようやくTGVで2時間ほどのレンヌでの試合でした。
これを観戦することに。
当日までの間はシャンゼリゼのPSGのショップに行ったり、レンヌ行きTGVの起点であるモンパルナス駅に行ってTGVの切符を買いに行き、高速歩道で転びそうになったりしていました。
モンパルナス駅で警官が普通に自動小銃を持って走っていてビビりました。

試合当日。

レンヌに到着。
駅前にはあてにしていたタクシーがいません。
仕方がないのでスタジアムまで徒歩。
40分近くで到着。

スタジアムのルート・ドゥ・ロリアンです。

会場に響くバグパイプの生演奏に包まれた選手入場にはゾクゾクしました。


ホームのレンヌがアウェイのマルセイユにPKを与えてしまいましたが、これをスウェーデン代表のイサクソンがセーブ。
ため息と歓声がシンクロし、大音響と静寂の繰り返しです。

試合はホームのレンヌがスイス代表フレイのゴールで1-0で勝利。

切符を買ったり屋台を使ったりする場面でフランスの方々は存外親切でした。
初ヨーロッパの単独行動は緊張しましたが、こんな体験が出来て本当に良かったです。

コメント