ストレートレザーGold Dollar W59のコンケーブを削り、円線刃として改造

この記事は約3分で読めます。

2年ほど前にEbayで買ったストレートレザー、

Gold Dollar W59。

当時はEbayで1200円台、しかも送料無料という良き買い物でした。

一見いかつい格好で、刃先も尖ってるし、扱いづらそうな印象を持ちました。
しかし刃背の波状突起は指にピッタリ、また刃線も短く、実に扱いやすいカミソリです。

でも刃線・刃背はスマイリングエッジのカミソリなのに、刃肩だけはなぜか直線。
これは研いでるとそのうち刃線が直線になってしまいそうです。

そこでふと、刃肩側を調整して円線刃にしてみることを思い立ちました。

しかしその当時はようやく八の字研ぎを練習し始めたばかりで、円線刃をまっとうに研げる自信がありませんでした。
従ってこの企ては、最近まで塩漬けになってました。

ベルトサンダーを購入

最近ベルトサンダーを購入しました。

木工を頑張ってみようと思ったからです。

にもかかわらずこれまでこのベルトサンダーの出番は

やはりまたカミソリ用途のみ。

ベルトサンダーでGold Dollar W59のコンケーブを抉ってみました。

細かい作業にベルトサンダーはちょっと向いてないようです。

そこでミニルーターを引っ張り出しましたが、

ミニルーターですべてを抉ろうとすると、気の遠くなるような時間を要します。

結局はベルトサンダーで粗削りし、微調整をミニルーターで補うという工法にしました。

これで何とか抉り終え、その後耐水ペーパー・ピカールで研磨。

研磨後は

刃を研ぎます。

今回の砥石のラインナップです。

左から、
荒砥・シャプトン「刃の黒幕#320」、
中砥・伊予砥「焼成砥石焼磨」、

仕上砥・鳴滝本山合砥、
最終仕上砥・シャプトン「M5#12000」
です。

研ぎ終わりました。

荒砥では刃先だけ直線研ぎを加えましたが、中砥以降はカミソリの重さによる八の字研ぎのみです。
刃元→刃中→刃先を意識。
Hanging Hair Testも合格。

さっそく剃ってみました

円線刃、想像以上の扱いやすさでした。
肌に点で接触するので、肌に当たってしまう刃線が想定以上の長さになることがなく、危うさを感じることがありません。

ただ、刃肩の線がいびつになってしまっているので、いつか修正することになりそうです。

コメント