道路交通法

ほとんどの人は子供のうちに自転車に乗れるようになり、道を走ったりと移動手段として利用した経験を持っています。
自転車に乗れるようになった子供時代、足で走るよりもスピードが出ることに感動を覚えた人も多いのではないでしょうか。

自転車は軽車両

自転車はクルマと違い運転免許が不要な一方、道路交通法上では軽車両に位置づけられています。
これは、乗る以上関連法令の遵守義務があるということと、さらに事故を起こした場合は賠償責任が発生する可能性もある、ということを示します。

そこでここでは、少しでも快適な自転車ライフのため、

これからお子様を乗せようかな?とお考えの方、
これから久しぶりに自転車を買おうかな?とお考えの方

などにとって、自転車に乗るにあたって知っておく必要があるルールやマナーを再確認するときの参考に、紹介いたします。

自転車

道路交通法の一部改正

平成27年6月1日の道路交通法の一部改正により、危険につながる自転車の交通ルール違反14項目を「危険行為」と定め、3年以内に2回...
自転車

12月1日、道路交通法の自転車に関する改正で思い出したこと

道路交通法で軽車両に位置づけられている自転車は、もともと車道の左側を走るべき乗り物です。今回の改正で決まったこと...